75fee92b.jpg





うちの会社は単品ばかりなのでそれほど影響はありませんが得意先の方に聞くと中国製に負ける場合もあるとか!まあ、価格では勝てませんからね。


でも価格だけでしょうか?


半導体製造装置の部品などは、ほとんど中国に行ってしまったようですが、不具合が多く、結構作り変えの短納期部品の注文があります。特に素材、会社の治具に使うために購入したSUS304の道具を酸につけたら真っ黒になりました・・・。




f4bfa45b.jpg






だからと言って中国の製品を粗悪品扱いし、「やはり日本製の方がいい!」と言うつもりもありません、時代なんです。中国製もこの先どんどん品質をあげてくるでしょうし、中国だけでなくいろんな国から製品が入ってくるでしょう。会社としては、その中でどのようにして存在価値を見出すのか、それを考え実行していかなくてはいけないと思います。


しかし、企業側も安いと言うだけでそっちに走るのはどうなんでしょう?


信頼をそんなに軽く見てもいいのでしょうか?

一度無くなった技術はなかなか取り戻せません。


海外に行ってしまった仕事でも、信頼と実績のある日本の材料で、顔の見える製造者に託すべき仕事はたくさんあったはず。安いところを探す前にやるべきことはたくさんあると思います。






↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!!
株式会社テクノファームのホームページ


ランキングサイト参加しました
↓↓↓ここをクリックするとランキングが上がります。
  ご協力お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ