一カ月ほど前、新規の商社さんから電話があり加工で相談にのって欲しいと言われたんです。数日後にエンドユーザーさんと現物を持って来ていただきました。その内容は今まで自社の古い機械パーツを作ってくれていた会社さんが廃業し困っているとの事、色々探したんですが出来るところがなかったらしいんです。現物を見ると確かにややこしい作りなんですよ。SUS316を使用し機械加工したものを溶接し機械加工で仕上げをし、さらに溶接するという物、簡単な図面はありますが現物は全く違う作りになっていて現物に合わせて欲しいとの事だったんです。シール性が必要で低歪みで溶接しないと最終加工で仕上がらないややこしい案件・・・(; ̄Д ̄)


得意でんがな!!(o^∇^o)ノ

 と言うことで、とりあえず試作一個目を製作したんで今朝商社さんと一緒にエンドユーザーさんの所に行ってきたんですが、ついでに工場見学させてもらいました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ ちなみにその会社は溶射の会社なんです。溶射と言うのはある製品に違う成分の粒子を溶融し吹き付けて皮膜を形成すること。固い塗装のような感じかな。私も溶射された製品は見ることがあっても実際に溶射するところは見たことがなかったんですよ。

 大きい工場の中には溶射する前にブラスト処理をするためのブースや溶射装置がいたるところにあり、溶射待ちのあらゆる製品が所狭しと並んでいました。溶射するのもブラストするのも粉塵が凄いのでマスクは必須です。地面には砂が散らばっていました。そういえば昔、鉄工所で働いていた時に鋳造工場に研修で行った時の事を思い出しました。あの仕事もそこら中、砂だらけで研修中はほとんどほうきを持って砂を掃除してたな~~。そんなことを思い出していると

「爆発音なるで!!」

そう言われ支給された耳栓をすると、ほのかなガスの匂いと共にバカでかい溶射の機械に着火しました。そこから出る炎は細く600mmぐらいの長さで、まるで刀のようでしたね。なんかかっこよかった~~(*゚▽゚*) 

 そんな感じで、何種類もある溶射装置を見学させていただき、詳しく説明してくださったので今まで知らなかった深い知識を得られました。この先の色々な案件に対して引き出しが増えたことは有難かったですし、耐腐食性や耐摩耗性、熱伝導性の向上など使用の仕方によって用途は無限大にあるな~と感じましたね!いや~勉強になったわ~と言うか色々書きましたが見学中、心の中では普通に子供のようにはしゃいでただけですけどね(o^∇^o)ノ

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

DSC09276

と言うことで、帰ってくるとすさまじく狭く感じる我が工場に寝そべるように製品が横たわっていました。俺にリンボーダンスでくぐれと言っているのか?


ヘルニアンに対する嫌がらせか・・・(; ̄Д ̄)






DSC09277

ヒデタム~~クレーンのある第二工場でやったらいいのに~~(; ̄Д ̄)








DSC04096

そんな感じでチクチク言っていると、知らん間に隣でやっていたヒデタム ( ̄ー ̄)ニヤリッ







BlogPaint

本日午後に納品しました!!







BlogPaint

2本目!








BlogPaint

SUS304 1.5tの槽です。








DSC04170

そして先に作って上にあげていた3本目!!








DSC04184

覗き窓付きホッパーを載せて納品で~~す!!(o^∇^o)ノ



本日工場見学させてくださったエンドユーザーさん、そして商社さん有難うございました!新しいお客様に感謝です!!m(__)m




↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!

株式会社テクノファームのホームページ

いいね!!試作品うまく使えたらいいね