間人蟹の少し長いお話

うちの嫁さん子供の頃に父親を亡くしました。義母は必死に、二人の娘を育て上げたんです。大変な苦労だったと思います。それなのに父親を亡くしたさみしさもあったのか、うちの嫁さん若い頃、母親に結構心配をかけたみたいなんですよね。

そんな義母が5年前、乳がんになったんです。手術は成功し今に至り再発は無いですが、安心など無いです。日々感謝し、生かされている事の有りがたさを説く母を見ているので、うちの嫁さんは親孝行をしたいという想いが人一倍強いんだと思います。

うちの義母、蟹が大好物で、昔は毎年蟹を日本海の民宿まで食べに行っていたそうなんです。そこで嫁さん半年前から、せっかくなら美味しい蟹を食べさせてあげたいと色々探し、幻と言われる間人蟹を選びました。そして旅行会社に行き、お願いしたんですが、半年前なんで価格表は出ていなかったんです。しかし、なかなか予約がとれないと言う事だったんで、予約したんです。

そして数ヶ月、予約表が出てビックリ!!!Σ(`□´/)/ すさまじい値段・・・(; ̄Д ̄) うちの子も良く食べるんで大人の料理にしていたんですが、とりあえず子供をお子様ランチにし、価格をさえてもらいました。それでも合計価格を見て驚愕・・・Σ( ̄ロ ̄|||)

でも、お母さんが喜ぶなら価値があるんじゃないか!(⌒∇⌒)

と言うことで、12月に間人に行ってきたんです。行ったお宿、おもてなしは凄く良かった!仲居さんも親切で好感がもてました。部屋の方は8畳か10畳ぐらい、改装はしてありますが、内扉やトイレのお風呂は昔のまま、ビジネスホテル以下でした、そこに大人3人、子供2人・・・(^_^;)、広くはないです、あの値段でこれか~~(; ̄Д ̄)まあ、そんな事どうでも良いんです。蟹がメインですから蟹が!義母が喜んでくれさえすれば良いんです。 部屋はいまいちでしたが、ロビーが、こぢんまりして、落ち着く場所だったんでビール飲んだりして、ほとんどそこにいたんです。

DSC02946 - コピー

夜になり待ちにに待った蟹です。食事処に行くと、厨房の前に蟹が並んでいるんです。すべて同じでは無いです。大きさ違うし、蟹の年齢も違う・・・。良いのは手前に置いてありましたね。ちなみに蟹の量は、大人3人で中型のゆで蟹が1杯と、大きな活け蟹が2杯です。席に着き、最初に運ばれてきたのは桶にのせられたタグの付いた蟹。大きさはそこそこですが、見た目には若そうな蟹、手前の蟹を想像していたんですが、甘かったですね。でも幻の間人蟹、味は確かでしょう!

DSC02964 - コピー

最初に刺身を頂きました。・・・、味が無い・・・。あれ?舌が麻痺してるんかな?と思い、他の食材を食べてみるとちゃんと味がする。おかしいな・・・。んっ!Σ(´д`;)しかも、えぐみと渋みを感じる・・・。イヤイヤそんなはずは無い!!次はしゃぶしゃぶ!口の中に入れると、味が無い、香りも無い、えぐみと渋みが際立って舌を締め付けられるような感じ。なんじゃこの不味い蟹 (; ̄Д ̄)と嫁さんを見ると、こっちを見てきて困り顔・・・(; ̄Д ̄)。やっぱり不味いよね。焼き蟹も食べられたもんじゃない。蟹味噌に至っては「生でも食べれるんです!食べてみてください(*´∇`*)」と、言うんで想像は付いたんですが、しょうがない、場の空気って物があるんで、無理矢理口に運びました。「おえ~~( ̄ロ ̄|||)」、臭い!泥のような感じ。無理矢理飲み込みました。しまいには最後の雑炊まで不味かった。えぐくて渋いんです。最悪や!!蟹の雑炊って、不味くなるんや(; ̄Д ̄)。まあ、子供は普通に食べていたんで、えぐみや渋みは、それほど、酷いレベルの物ではなかったんだと思いますが、なんせ味がない。こんな不味い蟹初めてや。これ、思いたくは無いけど間人蟹違うな・・・。(; ̄Д ̄)

母親も美味しいとは一言も言わなかった。だって普通に不味かったんですから。せっかく義母に美味しい蟹を食べさせてあげたかったのに・・・(´;ω;`)。

「これはサービスです!(⌒∇⌒)」と言って、てっさを一皿持ってきていただいたんですが、そんな物どうでも良かった。

その時は、母親もいたし何も言わなかったんですが、夜になり、嫁さんも納得いかない感じ。でも、言いに行くのはよそうと、一応アンケートにだけは、時間をかけて書いていました。その夜、フロントから電話があったんです。「夜のてっさ、間違っていたんです、一人1皿ついていたんです、朝ご飯の時でもよろしいですか?」・・・、どうでも良いです。腹が立って寝られませんでした。

朝ご飯、しゃべりながらゆっくり頂いていたんです。昨日も思いましたが、ここの料理は2流ですね。洗練とはかけ離れている。この値段を取れる料理では無い。でも、まあそれは良いんです、この旅館の個性ですから。しかし、料理は出来なくても、それなりの金額を取っているんですから、蟹はちゃんとした物を出さないといけないんじゃないんでしょうか!あの蟹は間人蟹では無いですね。絶対に!確かに間人蟹を食べたことは無いです、しかしどんな食材でもそうですが、ブランドになるには、それなりの理由があるんです。それなのに、並以下の蟹を出されるとは・・・。蟹もその蟹によって個性があり、良いのが取れるときもあれば駄目な物ばかりの時もあるでしょう!でも、駄目なんだったら前もって伝えるのが筋じゃ無いでしょうか。今日の蟹は駄目だと、料金ををその分引くなり、それ相応の食材に変えるなり、蟹を出さないと言う選択肢もある。私も一人2.3万円だったら「はずれやな!」で済ましますが、あの値段ですよ!あり得ない。

食事を食べ終わり、子供の食べるのを待っていると、バイトの女の子のような店員が、「すいません、遅くなりました!」と言って、昨日の電話のてっさを持ってきたんです。絶対忘れてたやろ!(ノ`Д´)ノ 私も忘れてましたけどね。色々な意味で腹が立ったんで、「いらん!下げてくれ!」と言ったんです。

子供が食べ終わり、帰ろうと厨房の横の入り口をゆっくり帰りました。何人も人はいましたが、一言も私達に声をかける店員はいない。別に謝って欲しかった訳では無いけど、なんでこんな思いしなアカンのかな?義母に申し訳ない気持ちと共に、自分が情けなくなりました

部屋に帰り、嫁さんさすがに辛抱出来なくなり、私に言うんです。「後から絶対、後悔するで!しかも後から言うのは卑怯やと思う。お店のためにも、その場で言わないと!」

確かに良いこと言うな!「分かった!言ってきたら」と言うと、「今やったら、ロビーにお客さんもいてないし、いってくるわ!」と、部屋を飛び出しました。

後から私も心配になり行ったんですが、朝食の時サービスをしていた男の方が、嫁さんに謝っていたました。一通り話は終わっていたみたいですが、嫁さんは泣いていました。母親に喜んでもらえると、楽しみにしていましたからね、こみ上げる物があったんでしょう。私も一言言わせてもらいました。「味もない、甘みも無い、えぐみと渋みだけがある、あの蟹は最低でしたよ!」すると、その男の方が、「色々なところから蟹を仕入れる中で、うちとしてもその部分は恥ずかしながら、手探り状態なんです。」と言うんです。遠くの方に他のお客さんもいたんで、それ以上つっこみませんでしたが、ぼろっと出しましたね。まず、色々な所から仕入れている?そんなはずないでしょ。間人の蟹は、5隻の小さな漁船でしか捕られていないはず!次に老舗の旅館のはずなのに蟹選びが手探り。めちゃくちゃやな!最低や!

帰りしな、ロビーに行くと上の方が来られ、私に話があると言うんです。部屋に入り話をしました。私が、「昨日の蟹はタグを付け替えているんじゃ無いかと疑いたくなるぐらいヒドいのもでしたよ。あれを間人蟹だと提供するのは、間人を大切に思っている方々を侮辱していると思いますよ。」と言うと、丁寧に申し訳ないと、誠意ある対応をしてくれ、少し気が収まったんです。私もごねる気は無かった、ただ納得したかっただけなんです。その場は、上の方が旅行会社と話をしますと言うことで決着が付いたんです。

家に帰り次の日、旅行会社から電話がかかってきたんです。うちも一部始終をお話ししました。「お宿の方、凄く申し訳なかったと話しておられました。それと、手探りと言ったのは、水槽から蟹を揚げるときに手探りだと言ったそうですよ。」

は~~~!!それは無いです、話の流れがおかしいでしょ!「あの蟹は酷かった」という答えが、水槽から手探りだというのはおかしすぎるでしょ!しかも、市場での仕入れどき、蟹を見ないで手探りで水槽から出し購入するのか?タグ付きの蟹を??それとも宿での蟹の選別の仕方が手探りだというのか?お客に対してその蟹の善し悪しを見ず、手探りで運試しですか?そんなことを言うなんて、完全に誤魔化そうとしている。

また次の日、旅行会社から電話があり、「やっぱり、凄く誠意のある対応をされて、誤っておられました。それで、お客様は間人蟹は初めて食べたと言うことで、お口に合わなかったと思います。間人蟹は他の蟹と違って、淡泊でえぐみを感じることもあるんですよ。と、言ってはりました。」

・・・(;^ω^)もう完全に馬鹿にしてますよね(`・д・´)

とまあ、それからもひと悶着あったんですが、何とか解決というか、終わりにしたんです。 ほんと散々な目にあいました。(´;ω;`)

   ↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!

 ツイッターもよろしくです。

株式会社テクノファームのホームページ

いいね!!お店は選んだほうがいいね