扇風機に水をかけるのはあり? サニタリー配管

 夏も終わり、扇風機をしまおうと思ったんですがムチャクチャ汚かったんですよ。布で拭こうかと思いましたが、めんどくさいんで直接マジックリンをかけて放置し、その後ホースで水をかけて洗い流したんです。

これが気持ちいいぐらいによく落ちるんですわ!

「うわ~~!むっちゃ楽に落ちるわ~~(#^.^#)」

そんな事を言いながら調子にのってバシャバシャ水をかけていたんです。

その後ある程度乾いたんで回してみると、凄まじい異音が鳴り響いたんですよΣ(・□・;) なんかこのまま回してたら煙出そうやったんでそっと仕舞う事に・・・。

来年ちゃんと使えますように!(*^。^*) 

大丈夫かな?

 

サニタリー配管の短納期製作

ポリスード自動溶接機 サニタリー配管製作

先日、初めての方から電話があったんです。「この図面の加工ができるところが無くて困っているんです((+_+))」

図面を確認し詳細を聞き、すぐに回答しました。

こんなん朝飯前でんがな!(*^^)v

と言う事で、今日はポリスード自動溶接機を使用したサニタリー配管の製作風景をどうぞ!

手でやった方が速いんですがせっかくなのでポリスードで溶接することにしました。この大きさのサニタリー配管を自動溶接機でするのは初めてなんで何度も調整しながら製作しました。

 

ポリスード自動溶接機 サニタリー配管溶接

セットさえしてしまえばボタンを押すだけで配管溶接が自動で始まります。

 

ポリスード自動溶接機 サニタリー配管製作

外面ビードはこんな感じ!綺麗ですね(#^.^#)

 

ポリスード自動溶接機 サニタリー配管製作

内面も綺麗に裏波が出ています。

 

サニタリー配管 ステンレス配管 単品製作

材質はSUS316Lこの狭い距離間での4S×1.5Sエキセントレジューサはないのでレジューサ部分は板曲げ加工し製作、最後にバフ研磨しました。

 

サニタリー配管 ステンレス配管 単品製作

内面もサニタリー仕様なのでビードカットバフしています。

 

この蓋、内側に機械加工にてインロー加工がしてあります。

製作完了しさっそく送ると、すぐにお礼の電話が!

「きれいな品物作ってくださってありがとうございました!(*^^)v」

いや~人様のお役に立てるのは本当にありがたい事です!こちらこそ感謝です(#^.^#)

 ということで、

・現場でサニタリ配管が足りない!

・至急で配管作ってほしい!

そんな時は、大阪のテクノファームにお任せください!!サニタリー配管、ヘルールは在庫していますのですぐに製作対応できます。ポリスード自動溶接機も所有していますので、高品質配管の製作も可能ですよ(*^。^*)

いつでもご相談ください(#^.^#)

 

↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!

株式会社テクノファームのホームページ

急ぎで出来たらいいね!