一年前ぐらいの話でしょうか、私の地方の友達の知り合いが洋菓子店を開業すると聞き行ってみたんです。結論としてはあんまりだったので友達に感想を言っていたんですよ。すると友達がその話を要約して言ったみたいで「俺が作った方が美味しかった!って言ってた」と言ったらしいんです。 いや、はしょりすぎやろ!確かに最後に冗談半分でそう言いましたが、そういう事を言いたかったんじゃないんですよ!
 
 極論で言えば味がマズくても行きたくなる店だってあるし、美味しくても潰れる店もある。お店が続く事は美味しいという要素だけではだめなんですよ。特に昔と違いレシピや作り方・そのコツまで細かくネットに載っている時代です。フランス菓子を作れることが特別な能力ではなくなってしまっていますし、最近N君が美味しいというので半信半疑で食べてみたコンビニのデザートに驚きましたしね(; ・`д・´) 要するに安くでそこそこ以上のものが食べられるし、作れる時代と考えたらどうなのかと言う事なんですよ。

と言うことで、なにがあんまりだったのか!ブログネタにしました(*^^)v

 お店はクッキー、パウンドケーキなど生菓子を置いていないお店、店主の方はホテル出身でまだそこでも働いているそうなんです。特に友達の紹介などとも言わず行きました。お店は道路沿いの住宅地で駐車場はありません、自宅の1階をお店にしていました。店の前に少しスペースがありカフェスペースになっています。店を入ると狭い空間に小さなショーウインドウ、中には箱に入ったクッキーセットが値段違いで2種類、パウンドケーキぐらいしか見当たりません。棚にもバラ売りのクッキーや小さな焼き菓子が数種類だけ。なんかね品数が極端に少ないんですよ。しかも値段が高いんです。クッキーのセット(そんなに量は入ってない)で4500円位、ばら売りの安いやつでも5個500円位の値段なんですよ。百貨店やホテルの値段やん・・・。いや!百貨店の物の方がお得な奴も結構あると思います。手作りやから高いというのは分かりますがね。そしてすぐ横はクッキーを作っているところで開店当初なのに汚いんですよ!しかも別の作業者の方がマスクも頭巾も手袋もせずに高価な大量のクッキーをジップロックに素手で入れているんです。そこに5個500円で売っている奴ですよ・・・。


 入った瞬間の感想は 狭!少な!高!買いたいものがない!買わずに帰りにくい!


 買って食べましたが確かに普通に美味しいんですよ。でも、これが○○ホテルのクッキーやねんとなるとそうなんや~ってなりますが、特段ムチャクチャ美味しいわけではないですし特徴も無い。普通なんです。

 百貨店やホテルはネームバリューや店舗代・人件費等でその値段になるんですが、世間に全く知られていない無名のお菓子にしては破格に高いんです。しかもここが都心や高級住宅地ならばその値段もあり得るんですが、普通の民家が立ち並ぶ地域です。そうなるとこのお菓子のターゲット層はどこなのか全く分かりません。普通のケーキ屋さんならばプリンやシュークリームなど安くで買えるものもあり週に一回月に一回食べたいな!と言うリピートも考えられますが無名のお店の小さなクッキー5個入り500円を買いますか?普段に食べますか?私はブルボンのチョコチップクッキーで十分です。「あそこの卵が特売だ!」と買い物している私らには高すぎるんですよ。かと言ってお金持ちが誰かへの手土産や御歳暮などに持っていくかと言うと無名で味は普通、箱や紙袋も安っぽい、フランスの賞を受賞したような肩書もない(知らんけど)となると相手に「良い物を頂いた」と感じてもらえないので「百貨店や有名パティスリーで買って行こう!」ってなりますよね。しかも私らでも値段を出して買うバースデーケーキや御祝い事には該当しない。となるとお店に行く時が思い当たらないんです。


 レジの店員さんの対応は凄くよかったんです。丁寧でしたし笑顔でした。でも、作ってはる(シェフパテシエ)の方の対応に疑問を持ったんです。この日は開店日か次の日だったんです。でもお客さんはいませんでした。私ら家族が入って一人女の方が後から来て500円のクッキーを一つ買って行っただけです。そんな中で私せっかく来たんだからと会社の子たちにとかもろもろで1万円近く使ったんですよ。でもどこから来たのか?誰かの紹介ですか?とか全く聞かれなかったんです。特に愛想もいいわけではなかったですしね。私ちやほやされたいから言っているわけではないんですよ!本来ならお客さん一杯になるはずの日にそんなにお客が来ず(知らんけど)、そんな時に1万円位払うお客がいたら「なんで?」ってならないのかな?と思うんです。「私なら誰かの紹介ですか?」とか会話をして絶対に次来てもらおうと、何度も感謝の意を伝えますけどね。と言う事はこの方はお客さんが来るのは当たり前だし、俺の作ったクッキーはこの値段で当たり前だと思ってしまっているという事なんですよ。オープン時って友達や知り合いが無条件で来てくれるボーナスステージなんですよ。そこでどれだけのリピートをしてくれ拡散してくれるかが鍵なのに、開店の時点でSNSもよくわからんかったし、ホームページもなかったように思うし、お店を探すのにも一苦労でした・・・。

それでこの店人の考えがはっきりわかりました。


生菓子を置かないというのが凄く美味しい焼き菓子を作りたい!食べてもらいたい!と言う事ではなく、日持ちがし、作りだめができる。ほかで働きながら出来る。だからなんとかなると言う事。


 コンセプトも無ければ必死さも感じられない。どこでどういうものが売れるのか?そこを全く考えず見切り発車でやってみたように見えたのであんまりだと言ったんです。現に私は知り合いに紹介もしてないですし、あれ以来行ってません。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今どうなってんのかな、成功してたら?


ごめんやん!!ヾ(=^▽^=)ノ



まあ、狭い視野の私の戯言ですから話1/10で聞いて忘れてください(*^^)v

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

DSC05880

 そんな感じのこの間、会長が自家製大根を持って来てくれたんです。N君に両手で持ってもらったんですが、結構重いんですよ。大根ってほっといたらこんなヘンテコな感じになんのか?(; ̄Д ̄)






DSC05877

 凄い形やろ!と笑顔の会長。






DSC05882

 切るの大変でしたし、大きく育ちすぎて中にが入っていて正直美味しくはなかった(; ̄Д ̄) でも会長が寒い中、畑を耕し肥料を入れ種をまき、間引きをし雑草を引き・・・。大変な思いをして皆が喜ぶだろうと思って作っているのを知っているので美味しかったんですよ!
会長の愛情たっぷり野菜!みんなで美味しくいただきました(o^∇^o)ノ


小さい会社の経営ってそういう事やと思うんです。



↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!

株式会社テクノファームのホームページ
いいね!!流行ったらいいね!