突然の危機にあなたなら?

この間ふとN君を見ると何か違和感があたんです。近づいてみると分かりました、マスクのゴムの位置が違うんです。耳にかかっていると耳の裏が痛くなるんですって。なので金具を作ったらしい。

 

マスククリップ

 どうなっているのか後ろを向いてもらうと、溶接棒をCの字に曲げているだけ。これと同じ使用用途でマスクのゴムをつなぐ製品が市販でもあるらしいんです。私痛くならないんで探しもしなかったから知りませんでしたが、こんなコロナの危機になってもそれに対応するような品物がどんどん出てくるんですね。

 突然危機が訪れたらだいたいの人は恐れ、それに飲まれてしまう。でもそれをチャンスにとらえられる人がいて、そういう人が生き残っていくんやろな。ただ怖がるだけでなくそっち側に回らないと。

 

ステンレス深曲げ加工

ステンレス曲げ 深曲げ

と言う事で、あのマスククリップなんか見たことあるな!と思っていたんですがこれですね。

 

ステンレス曲げ 深曲げ

この間注文が来たC型の深曲げ

300Aヘルールを溶接したサニタリー仕様のステンレス容器

 

サニタリー仕様 ステンレス容器 研磨品

と序でに300Aヘルールを溶接したサニタリー仕様のステンレス製品。内外#400バフです。

 

ビードカット サニタリー ステンレス小物 研磨品

マシニングで削った、変な形の金具が溶接してあります。これも溶接後ビードカットし研磨してあります。

綺麗なビードカットやな~~(#^.^#)

 

ヘルール押えフランジ サニタリー

ヘルールを抑える専用のフランジ。

ヘルール押えフランジ サニタリー

二つ割れです。

旋盤加工後、ワイヤーカットで割ってます。

 

 

↓↓↓ホームページも是非ご覧ください!

株式会社テクノファームのホームページ

研磨するときれいいね!